オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
August 2014
M T W T F S S
« Jul    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
花

漢方薬による不妊治療

現在新しい命を宿すことにおいてある問題が増えており、それは新しい命を宿すことのできない不妊が男女ともに多くなっているという状態です。
この不妊が増えている理由としては様々な環境による要因が多いのですが、その際に医療機関で行うことが不妊治療です。
その不妊治療とは新しい命を宿すために、その器官に薬を注入するもしくは体外に出して人工授精させて体内に戻して宿す方法を指します。
しかしこういった治療法は体への負担が大きく、仮に宿したとしても赤ちゃんに障害が出る可能性と失敗すると宿せない体になる危険性があります。
しかしその不妊治療において近年注目されている治療方法が漢方薬です。
この漢方薬が不妊治療に役に立つ理由としては、その不妊の理由が生まれ持っての先天性による障害以外においての理由として多くは体内の基礎体温が通常よりも下がっていることが理由として挙げられます。
この基礎体温の正体と言うのは暖かい血流が全身に回っていることで発生しているもので、その血流が悪くなることで血液の中にある新しい命を宿る器官に十分な鉄分や酸素を送ることができないため新しい命を作りづらい体と言えます。
そこで漢方薬の本来の役目である冷え性予防としての体を温める効能を使うことで、この全身の血流を促進することで不妊治療において効果があるのです。

なにより漢方薬の最大のメリットは化学合成ではなく天然素材由来のものであるため副作用が少なく、その漢方薬の影響が新しい命に回る影響はないところです。
そのため一概にすべての不妊に対して効果があるとは言えますが、その改善において行うことをお勧めできます。

リボン

漢方薬で体質改善

不妊治療は、この薬を飲めばすぐ直る、手術をすればすぐによくなるのとは違い、ホルモンのバランスや体調、体質、卵管が狭い、着床がしにくい、受精がしにくい、精子が活発ではないというように、原因が一人一人によって様々です。
また、検査をしても悪いところがないのに不妊である場合もあります。
そのような先の見えない不妊治療を続けることは患者側に負担が大きいものです。
漢方薬は原因ではなく体質そのものを根本から改善しようという思考のもとに作られていますの。
不妊治療の場合には、上記のように特定の原因が見当たらなかったりする場合も多く、漢方薬治療は有効な手段の一つとなっています。

漢方薬は西洋の薬のように効き目がすぐには表れません。毎3食後に飲み続けて2週間から1か月経過した時に「体が少し変わったかな」程度の認識しかない場合もあるでしょう。
しかし、飲み続けているうちに、その漢方薬が体質に合っていれば、生理周期が整ったり、体が冷えにくくなったり、間接的に不妊治療に役に立つ体になっていきます。
漢方薬は、のぼせ体質、冷え体質など個人の体質によって同じ不妊治療目的でも処方される薬が違います。
もっとも一般的な当帰芍薬散や加味逍遥散などは薬局やドラッグストアーでも市販されていますが、自己判断せず、最初に飲むときは必ず内科医や産婦人科医の指示を受けましょう。
また、医者から処方してもらえば保険が適用になりますので安く入手することが出来ます。
治療としては少し遠回りのように見えますが体質改善のためにも利用してみる価値はあります。

ハートを作る

男性にも女性にも

漢方薬はさまざまありますが、女性向けの漢方薬の基本的な効能は生理不順や冷え性の改善、貧血症状や肩こり、更年期障害を改善するものなどが市販されています。
男性向けの不妊治療用の漢方薬は、精子の数や生存率、運動性を改善する、冷え性を改善するなどの効果が期待できます。
不妊治療を行うには、男性も女性もしっかりと検査を受けることが大切です。
また、ストレス解消や規則正しい生活を心がけ、冷たいものや冷え性を改善させて体を冷やさずに運動を行うなど自分でできることもあります。
また、タバコやカフェインの大量摂取、アルコールの摂り過ぎなどが男性の造成機能を阻害することもあるのです。